【知っておいて損はない!】正規輸入品と並行輸入品は何が違うの?


ブランド品を買う前に知っておきたいこと

好きなブランドアイテムは、できるだけ安く購入したいところですが、ブランド品には『正規輸入品』と『並行輸入品』の2種類あることを知っていますか?

言葉の意味を正しく理解した上で購入するようにしましょう!

今回は『正規輸入品』と『並行輸入品』の違いについて紹介します。

▼正規輸入品、並行輸入品とは?

ruto

(出典:東京ぶらんど

正規輸入品は、海外ブランドから直接日本の代理店へと輸入されて販売されてるものを指し、並行輸入品は、海外ブランドから免税店や海外の代理店を経由して日本へと輸入されたものを指します。

つまり、輸入ルートの違いで正規輸入品と並行輸入品に分かれるのです。

▼並行輸入品と正規輸入品はどう違う?

買い物疑問

価格

正規輸入品は価格の変動はなく、正規店はどこでも同じ価格です。
一方、並行輸入品は価格の変動幅が大きく、場合によっては、かなり安くなることも。

偽造品の可能性

正規輸入品の場合、偽造品が混じることはありませんが、並行輸入品の場合は注意が必要です。第三者の業者が商品を扱いますので、中には偽造品を販売するという、悪質なケースもあります。
1998年には「プラダ偽造品問題」が話題となりました。

とはいえ、並行輸入品でも店舗を構え、きちんとした形で正規品を販売してる業者も多いので、並行輸入品=偽造品が販売されているというわけではありませんので、その点はしっかり覚えておきたいところです。

アフターサービスの有無

正規輸入品の場合、ブランド直営店で購入するので、アフターケアなどの保証があります。

しかし、並行輸入品の場合は、そういった保証がないケースが多いので、商品に何か不具合が生じても保証がない為、直営店でのケアが受けられないこともあります。

最近は並行輸入品取り扱い店でもアフターサービスを提供していることも多くなってきましたので、購入前に保証の有無についてチェックすると良いでしょう。

紙袋や箱の有無

恐らくこれが一番の違いなのではないかと思いますが、正規輸入品に付いている紙袋や箱は、並行輸入品には付いてないことが多いです。

「安いから仕方ない」と割り切れる人なら問題ありませんが、ブランドのファンからすると重要な問題だったりもします。
この辺りもきちんと確認する必要がありそうですね。

▼並行輸入品の安さの秘密

正規輸入品の場合、ブランド側で「日本定価」というものが設定されています。

この「日本定価」とは、広告費や人件費、店舗運営などのコストや利益などを総合的に含めて設定されてる価格のこと。

正規輸入品を扱う直営店では、この価格を守って販売しているので、どの店舗に行っても価格は変わらないのです。

一方、並行輸入品には日本定価の規制はなく、店舗側で利益などを設定し、それに応じて販売価格を決めることができます。
また、海外から仕入れているため、為替レートの変動によっても価格が変動します。

▼並行輸入品と正規輸入品、お買い得なのは?

brand_13272527_S

正規輸入品と並行輸入品は商品自体は同じなので、どちらが得なのかについては、何を重視するのかによります。

安心して買いたいなら正規輸入品が良いでしょう。
正規店という信頼がありますし、何より偽造品の混入がないという点が安心できます。
保証内容も正規店ならではの手厚さがありますので、安心して買いたいという方は正規輸入品を選択すると良いでしょう。

商品が同じなら、安い方がいい」という方は、並行輸入品も良いと思います。
同じ商品でも、並行輸入品と正規輸入品では、数万円の差が出ることもあり、場合によっては同じ予算でもワンランク上の商品を買えたりも。

選択の幅が広がるのも並行輸入品ならではのメリットでしょう。
ただし、並行輸入品の場合は偽造品が混入する可能性もある為、購入店舗の確認は必須です。

まとめ

正規輸入品並行輸入品の違いについて紹介してきましたが、いかがでしょうか?

一概にどちらがいい、悪いということはありません。
それぞれメリット、デメリットがありますので、自分のスタイルに合わせて買うのが一番いい選択だと思います。

賢く買い物をして、ステキなセレブファッションを楽しんで下さいね!

▼ 不要なブランド品を預けて販売!買い取りよりずっと高く販売したい人の委託専門サイト「retro.jp」



Comments are closed.